審美・ホワイトニング

  • TOP
  • 審美・ホワイトニング

歯も心も美しく 審美・ホワイトニング治療

悪いところを治すだけでなく、歯の「審美性」にもこだわりたい方におすすめの治療が審美治療です。こちらでは、佐世保市の歯医者「犬塚歯科診療所」が審美歯科やホワイトニング治療についてご説明します。

銀歯をセラミックの白い歯に替えたり、薬剤で歯を漂白したりすることで、美しい口元を手に入れることができます。歯が美しく生まれ変わることで、笑顔に自信を取り戻しませんか?

審美歯科とは?

審美歯科とは?

保険治療においては、最低限の機能回復を目指した治療が行われます。たとえば、むし歯治療で使用できる詰めものや被せものは、「金銀パラジウム合金」、いわゆる「銀歯」に限定されています。保険が適用されて治療費は安くなりますが、見た目がいいとは言えません。

銀歯は白い歯列の中で目だってしまうだけでなく、年数が経過するにつれて黒ずんできたり、銀歯の内部がむし歯になりやすかったり、金属アレルギーを引き起こしたりなど、デメリットも多い素材です。

審美歯科は、見た目も機能的にも回復を目指すことができます。銀歯をセラミックの歯に替えることで、見た目が整うだけでなく、「より快適で美しい歯にする」ことができるのです。当院では、審美性にも機能性にもこだわった審美治療を心がけています。

しかも審美治療によって、心の健康を取り戻すことも可能です。銀歯が気になって、口元を大きく開けることをためらっていた方も、セラミックの白い歯に替えることで、思う存分笑ったり会話したりできます。美しく自然な口元で、悩みやストレスのない毎日を過ごしてみませんか?

できるだけ歯にダメージを与えない治療

できるだけ歯にダメージを与えない治療

「見た目を美しく整えたいけれど、歯にはダメージを与えたくない」――。歯を削ったり、神経を抜いたりするなど、歯へのダメージを気にするあまり、審美治療をためらっている方がいらっしゃるようです。それは審美治療に対する誤解かもしれません。

当院では、患者様の生まれもった歯を何より大切に考えています。そのためにも「できるだけ抜かない」「できるだけ削らない」治療を目指しています。必要以上に歯を削ったり抜いたりしない審美治療を検討してまいりますのでご安心ください。

もともと銀歯は金属アレルギーを引き起こすリスクがあり、健康面でも適した素材とは言えません。当院では患者様の心身両面のご負担を考えて、セラミック素材を用いた審美治療をご提案しています。

症例(前歯の治療) 前歯2本の治療①

前歯2本の治療①

年齢 40代
性別 女性
主訴/ニーズ 古くなった前歯を治したい
治療期間 治療期間 6か月
院長コメント 前歯の形と色に不満があり、差し歯のやり直しをご希望された患者様です。
古い差し歯を外したところ、残っている歯が短く量が少ないことから、歯ぐきの整形外科手術も行いました。
差し歯には、オールセラミッククラウンを選択。
仕上がりをご覧になった患者様は、「長年の悩みが解消された、もっと早く相談すればよかった」ととても喜んでくださいました。
治療後も差し歯は安定し、長持ちしています。

ホワイトニングとは?

笑顔になったとき、口元からのぞく白い歯は魅力的ですよね。でも、鏡を見ると何となく黄ばんできていることが気になりませんか? コーヒーや紅茶、ワイン、カレーなどの色の濃い食べものや飲みもの、たばこのヤニ、加齢などの要因によって、歯は次第に黄ばんできます。

そんな気になる歯の黄ばみを白くするのがホワイトニング治療です。歯を削ることなく、薬剤によって少しずつ歯を漂白していきます。ホワイトニング治療には大きく分けて、「オフィスホワイトニング」と「ホームホワイトニング」の2種類があります。

マウスピース・ナイトガード

マウスピース・ナイトガード

歯ぎしりや食いしばりを防止することで、大切な歯を守ることができるナイトガード。
患者様の歯型を取り製作するもので、就寝時に装着すると歯や顎に加わる力を緩和することができます。
歯ぎしりが続いてしまうことで、犬歯や前歯が削れる・顎関節症になってしまうなど、様々な問題を引き起こします。
ナイトガードを使用することで、歯の寿命を短くなるのを防ぐことができます。

ホームホワイトニング

ホームホワイトニング

お家で患者様ご自身が行うホワイトニング治療です。あらかじめ歯科医院で作製したマウスピースに薬剤を注入し、患者様のお口に毎日30分程度装着します。2~3週間、希望の白さになるまで続けていきます。時間はかかりますが、色のあと戻りがしにくい点がメリットです。